信学会トップ>幼稚園・キッズ >

信学会昭和幼稚園からのお知らせ

2024年5月31日

そのままの姿で輝いてね(園長より)

♪かえるのうたがきこえてくるよ…♪田んぼには水が入り出し、直ぐそこに、梅雨の季節が近づいています。どろんこ水遊びやこれから始まるプールなど、元気に遊んでほしいです。保護者の皆様には、日頃よりご支援いただきまして誠にありがとうございます。

朝、園門にいると子どもたちが「ダンゴムシ探そう」「この虫なあに?」「ジャンケンしよう」などと、いろいろ声を掛けてくれます。みんな目を輝かせて、その子なりの光を放っていました。

先日、雨上がりの夕方、久しぶりに本屋を訪れてみました。ふと、目に留まったのが「美しい日本の言霊」(藤原正彦著)でした。いろいろな歌に寄せる著者の思いがつづられた内容です。その中に、子どもたちも歌う「ぞうさん」(ぞうさんお鼻が長いのね、そうよ母さんも長いのよ)の歌が掲載されていました。あーいいなと感じた文章を紹介します。先ず、作詞したまど・みちおさんは「この世に生きるすべての生き物は、そのままの姿が一番素晴らしい」という意味を込めて作ったとあります。~になってほしいと子どもに要求するばかりでなく、そのままの姿を認めてあげることの大切さを感じます。また、著者は別の意味でとっています。『皆にいじめられたとしても、金がなくても、地位や名誉がなくても、友人がいなくても、神さまがいなくても、あなたを産んでくれたお母さんは必ず、あなたを全身全霊で愛していますよ。何があっても絶対にあなたを裏切りませんよ。だから自信を持って生きなさい。ぞうさんはそういうメッセージ発しているように感じます』とありました。

子どもたちの様子を見ると、園生活に慣れなかったり、お友だちとの関わり方が分からなかったり、自分で身支度が思うようにできなかったり、戸惑う場面が多いこともあります。困って悲しんでいる姿を見るたびに、このぞうさんの歌の母の愛を、私たち保育者が改めて見つめなければならないと感じました。

昨日、園庭の片隅で年少さんがたらいに水を溜めて、色水遊びをしていました。先生がいろんな色を作って、子どもたちが混ぜてカップに入れたり、水を掛け合ったり、きゃきゃと言いながら楽しい風景でした。先生も子どもも、みんな溶け込んで、その子らしいその先生らしい姿が広がっていました。

昭和っ子たち、そのままの姿でいっぱい輝いてね。6月の空に向かってレッツゴー!

基本情報

〒381-0012
住所:長野市柳原1455
TEL:026-243-6366
FAX:026-243-6366
⇒ ACCESS MAP

園公開 参加申し込みフォーム

入園をお考えの方向け園イベントは

事前予約いただくと、当日の受付がスムーズです。

LINE@はじめました!

入園をお考えの方に園のイベント情報を発信します!
スマートフォンからご覧の方は、下記のボタンタップで「友だち」に追加できます。

友だち追加

最新のお知らせ

お知らせ一覧

お知らせカテゴリー

TOP